世界遺産「王家の谷」明の十三陵と 北京菜ランチ日帰りバスツアーに行ってきました

2022-10-11

2022年9月10日 世界遺産「王家の谷」明の十三陵と 北京菜ランチ日帰りバスツアー
ご参加者 14名様

お天気の良い中秋節の初日は、
世界遺産「王家の谷」明の十三陵と北京菜ランチツアーに行ってきました。

世界遺産・明十三陵は、北京市の西北・市内中心部から約50kmに位置する、
八達嶺に連なる天寿山の南の麓にあります。
三方を山に囲まれ、現存する皇帝陵墓群では最大規模のものです。
明の時代の第3代皇帝・永楽帝から第7代皇帝を除いた、
第16代皇帝までの十三名の皇帝とその皇后達がが眠っています。

正門の大紅門を入ると、長陵まで7キロに及んで続く長い参道・神道があります。
神道の両側には、皇帝の死後も「すべては皇帝が支配する」という意味が込められた
神獣の石像がズラッと並んでいます。
明の時代には最も身近な動物だったラクダは、とってもかわいいです。

この石像から、明の時代の兵士がどのような服装だったかがわかります。

  

現在公開されているのは、第3代皇帝の永楽帝の陵墓である長陵と
第14代皇帝の万暦帝の陵墓の定陵の二つのみです。
十三の陵墓の大きさやその建築方法から、
それぞれの皇帝の背景や暮らしぶりがうかがえます。
今回は定陵と、唯一、発掘された定陵の地下宮殿を
ガイドの詳しい説明を聞きながら、じっくり観光しました。

 

昼食は、昌平区にある明の時代の貴族の館を改築した
大宅門で北京菜の昼食をお楽しみいただきました。
まだ残暑の残る日差しの中に。ちょっぴり秋を感じる土曜日でした。

ご参加いただいた皆様、大変お疲れ様でした。

 

 19,573 total views,  217 views today